種類は豊富なペット

ペットを火葬する際にかかる料金について

一口にペットと言っても、様々な種類のペットが存在しています。小鳥やハムスターなどの小動物を飼っている人もいれば、セントバーナードや土佐犬などの大型のペットを飼っている人もいます。最近は、亡くなったペットを火葬するためにペット火葬の専門業者を利用する人が多くなってきていますが、ペット火葬のためにかかる料金はペットの種類や重量に応じて変わってくるのが普通です。改めて考えてみるまでもなく、小鳥とセントバーナードの火葬の所要時間は全く異なっています。火葬にかかる時間が長くなればなるほど燃料が大量に必要になりますので、料金が必然的に高額になります。どこのペット火葬業者を利用するかによってかかる料金に違いが生じてくる面がありますが、大型犬を火葬する場合には5〜6万円前後の費用がかかるのが一般的になっています。

ペット火葬業者を利用する人が増えてきました

昔は、飼っていたペットが亡くなると、自宅の庭に埋葬するという人がほとんどでした。埋められるような庭を持っていなかったとしても、所有者が判然としない空き地が結構たくさんありましたので、近所の空き地に埋めるという方法を取ることができました。今そのようなことをすれば即座に警察に通報されてしまうおそれがありますが、昔はかなりおおらかでした。現在では、たとえ庭を持っていたとしても、衛生上の問題から庭に埋葬する人がかなり減りました。その代わり、各自治体が動物遺骸を回収するサービスを提供するようになったのですが、どのような形で火葬されるのかを飼い主が見ることはできません。大事なペットの最後をきちんと見届けたいと希望する人がたくさんいるため、最近ではペット火葬の専門業者が続々と登場してくるようになりました。遺骨をきちんと返してもらうことができるので、ペット火葬業者を利用する人が増えてきています。